信仰基準


1.誤りのない神の言葉、聖書を信じます。
2.三位一体の神の主権が一切の中心です。
3.神様に対して罪を悔い、へり下ります。
4.主キリストとそのみ救いを伝道します。
5.この国でキリストの王権を告白します。
6.救いへの応答として契約を遵守します。
7.十戒に従う、恵みの生活を目指します。
8.礼拝は説教と、無楽器の詩篇賛美です。

以上の原則を中心に、私たち改革長老教会は、17世紀のウエストミンスタ−信条を信仰基準として掲げています。ウエストミンスター信仰基準に書かれていない現代的諸問題については、証言書という形で、信仰基準を補足しながら歩んでいます。

信仰基準 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.